2022-12-03

定年後も仕事を続けられるプログラマー

ソフトウェア開発の仕事がある限り、プログラマーは常に必要とされています。そのため、やる気と実力さえ伴っていれば、ソフトウェア開発の仕事で働き続けることは可能です。
しかし、開発企業に属している場合、働き続けたいと本人は思っていても、定年の壁が存在します。定年の年齢を迎えれば、本人に働く意思があって周囲の人たちが実力を認めていたとしても、規定に従って退職する他はないケースが多々あります。

しかし、近年では次第にプログラマーの事情が変わりつつあります。
世の中には元気に働く高齢の方が増えて実績を上げていることから、定年による壁は次第に取り除かれつつあります。そのためプログラマーとしてリタイアする意志がなければ、仕事を続けられる可能性は高まっています。

また、プログラミングの仕事の将来性を考えるなら、早い段階での独立も視野に入れてみるべきでしょう。企業を離れてフリーランスのプログラマーとして独立し、あらゆる開発プロジェクトの案件に参加したり、あるいは自分が開発企業を経営したりといった道もあります。
フリーランスには定年の規定がないことから、本人の判断で仕事を続けられるのが特徴です。例え高齢の方であっても、本人に開発の仕事のやる気と実力があるかどうかでプログラマーを続けるかを決めることができます。

さらに現在のIT業界を取り巻く環境も、プログラマーが定年後も仕事を続ける後押しになっています。
IT業界では人材不足が続き、若い人材の確保が難しい問題があります。一方で、定年を迎えたとしても高い能力を持ったプログラマーは多いため、例え高齢であっても、将来性は十分に見込めるでしょう。