2022-08-12

Webを利用したショッピングサイトや動画サイト、あるいは各種SNSなどが日常的に利用されるようになった昨今、Webエンジニアの需要は高まっていると考えられています。

一口にWebエンジニアと言っても、その業務内容は様々です。ユーザーが接するデザイン部分やユーザーインターフェースの設計を中心に担当する人もいれば、JavaやPHPといったプログラミング言語でソフトウェアやシステムを開発する人もいます。

ただ、Webに興味をもってエンジニアとなった人の中には、「思っていたよりも給料が安い」といった感想を抱く人も珍しくありません。特に中小企業のサイトなどを担当する場合、競合他社も多いため価格については厳しい競争が行われていることがあり、技術や能力に適した給料を得づらい傾向にあると考えられています。

収入を増やすためにもう一つ仕事をするというのも一つの手ですが、複数のプログラミング言語が扱えるエンジニアであれば、フリーランスへの転身を遂げるという選択肢を選ぶことができます。
平均年収はおよそ500万以下と言われる業種ですが、優秀なエンジニアとして仕事を受注できる土壌があれば、年収1000万円も夢ではありません。そのために必要なのは技術やデザインのトレンドに敏感で、常に新しい技術も使いこなすだけの技術力が欠かせません。
仕事はフリーランスエンジニアを募集するサービスなどを活用しながら、それまで培った実績や人脈などを活かす気持ちも大切です。特に「この仕事を自分で手掛けました」と示すことは、明確なポートフォリオとして認められることが多いです。

こうした努力によってWebエンジニアの給料アップは可能なので、フリーランスへの転身を含め、今後やるべきことの選択肢を増やしておきましょう。